DSLによる要求獲得でスーパーアジャイル

2011年7月8日(金)に第2回TPS/アジャイル研究会が行われました。ここで「DSLによる要求獲得でスーパーアジャイル」というタイトルで講師をさせてもらった山口です。発表を聞いてくださったみなさなありがとうございました。

この研究会では、アジャイルがTPS(トヨタ生産システム)と関係が深いことに注目し、ものづくり企業(ユーザ企業)主体のソフトウェア開発の在り方について議論したりしています。僕は、ユーザ企業主体という部分に共感し、この研究会に副委員長という立場で関わらさせて頂いています。

今回の発表では、ユーザがソフトウェアを表現するというプロセス、その効果について実例を交えながら話させていただきました。昨年、日立製作所100周年記念講演で発表させて頂いたものを初心者向けにアレンジしたものになっています。宣伝も兼ねて、発表の内容を少し紹介します。

ユーザがソフトウェアを表現するというプロセスでは、ユーザがソフトウェアを表現することで鍛えられ、結果として、ソフトウェアを明確に捉えられるようになります。これが要求獲得の漏れを防いでくれます。また、ユーザが表現したソフトウェアをどのように具現化し、フィードバックするかという点に関しても言及しています。これには身振り手振りによる実行シミュレーションという古典的な手法がありますが、シミュレーションとユーザによる表現の間に一貫したセマンテクスが存在する場合、シミュレーションする人はユーザによる表現を実行するプログラムと同じです。このプロセスでは、初期段階は身振り手振りによる実行シミュレーションを多用し、徐々にそれをプログラム化します。身振り手振りによる実行シミュレーションはアジャイルプロセスで重要視される「動くプログラム」を拡大解釈した結果であり、「動くプログラム」の問題(すぐに動くことを重視するあまりフィードバック効果が薄れる問題)を補う物となっています。

DSLによるアジャイルの説明

発表で使った資料は下記のリンクからダウンロードできます。

slideshareからも見れます。

コメントをどうぞ