JavaからTokyoTyrantを使う方法

TokyoTyrantをCentOS5.4にインストールする方法の続きです。
TokyoTyrantのRDBTableにJavaからアクセスする方法を調べたのでメモ。

TokyoTyrantのJavaバインディングはtokyotyrant-javaが有名なようですが、公開中のビルド済みバージョン(0.10)ではRDBTableに対応していません。
しかし、bitbucketの最新ソースはRDBTableに対応完了しています。
当然ステーブルリリースではないので、いざとなったらソース読む覚悟が必要です。

こんな感じのソースを書いたところ、

	@Test
	public void rdbtable() throws IOException {
		Object value;
 
		// create the object
		RDB db = new RDB();
		// connect to the server
		db.open(new InetSocketAddress(InetAddress.getByAddress(new byte[] { (byte) 127, (byte) 0, (byte) 0, (byte) 1 }), 1978));
 
		final RDBTable tTable = new RDBTable(db);
 
		final Map tCols = new HashMap();
		tCols.put("url1", "http://all.url1/");
		tCols.put("title1", "たいとる all.title1");
		tCols.put("url2", "http://all.url2/");
		tCols.put("title2", "たいとる⑪ all.title2");
		tCols.put("url3", "http://all.url3/");
		tCols.put("title3", "recommend all.title3");
		tTable.put("all", tCols);
 
		// retrieve records
		value = tTable.get("all");
		if (value != null) {
			System.out.println(value);
		} else {
			System.err.println("get error");
		}
		db.close();
	}

以下の結果になりました。

{url3=http://all.url3/, url1=http://all.url1/, title1=たいとる all.title1, url2=http://all.url2/, title3=recommend all.title3, title2=たいとる⑪ all.title2}

日本語もバッチリですね。内部的にはUTF-8で処理するようです。

また、以下のコードでRubyバインディングから読み出してみたところ、

require 'tokyotyrant'
include TokyoTyrant
 
rdb = RDBTBL::new
rdb.open("localhost", 1978)
 
p rdb.get("all")
 
rdb.close

ちゃんと読めました。

{"url1"=>"http://all.url1/", "url2"=>"http://all.url2/", "title1"=>"\343\201\237\343\201\204\343\201\250\343\202\213 all.title1", "title2"=>"\343\201\237\343\201\204\343\201\250\343\202\213\342\221\252 all.title2", "url3"=>"http://all.url3/", "title3"=>"recommend all.title3"}

あと、TokyoTyrantを起動するときにRDBTableモードで起動する必要があるので注意。
具体的には拡張子を”.tct”にしないといけない。

$ ttserver "datafile.tct#bnum=1000000" &

おしまい。

参考URL

コメントをどうぞ