fish

Debianをクライアント化しようと面白いパッケージを探していたらシェルにもたくさん種類があるみたいなので(とはいっても30種類くらい)

とりあえずbashやらzshやらよく使われるものではなくfishというものをインストールしてみました。(名前に惹かれただけですが)

ワタクシ、「シェルなんてどれも変わらんだろう」というレベルなので正直大して期待していなかったのですが、目からうろこです。
補完機能のあるシェルなんてそこらじゅうに転がっていると思いますが、fishは補完機能にプラスアルファがあります。

screenshot-1.png

なんと補完候補にちょっとした機能説明がついています。これは便利!!

いやーインストールしてよかった。
また存在するコマンドだけが緑文字(中途半端、間違ったコマンドは赤文字)
になるのでうっかりミス(特に初心者の僕ではありがち)
も防ぐことができます。
あと注意点としては、
エイリアスがはじめから勝手に設定されている点、
文法がほかのシェルスクリプト言語とは異なる点です。

読者からの反応

  1. avatar koreyasu より:

    ほぅ、面白いですね。
    仕事中だと、どうしても仕事を終わらせることを優先にしがち
    なので…環境面はなかなか触りづらいです。
    これからも紹介宜しく!

コメントをどうぞ